ベジイロ色とりどりの野菜

じゃがいもの効能 | 白色野菜 | 色の野菜果物字引き

じゃがいもの栄養成分の特徴から保存方法、旬の時期まで、美味しい「じゃがいも」のことを知ろう。心身に効く、おいしい選び方もお教えします。いい食材は身体に栄養成分を補給してくれるだけでなく心にも元気を与えてくれます。

››› じゃがいもの効能 | 白色野菜 | 色の野菜果物字引き

じゃがいも

カリウムとビタミンCがたっぷりなので風邪予防や疲労回復、肌の健康維持に最適です。

含まれているビタミンCはでんぷんに守られているので加熱しても壊れにくくなっています。

皮にはダイエット効果のあるポリフェノールの一種クロロゲン酸が含まれています。

じゃがいものでんぷんと食物繊維が弱った胃腸を健康にしてくれる効果も期待できます。

スポンサーリンク

野菜データ(じゃがいも)

旬の時期
五月から六月
九月から十二月
色属性
栄養成分
ビタミンC、食物繊維、たんぱく質、カリウム、
クロロゲン酸 など
効能
風邪予防、疲労回復、成人病予防、胃腸回復、
整腸作用
食べ方・調理
加熱して食べます。薄皮のものはそのまま皮も残して使った方が栄養成分を多く取れます。 煮物や煮込料理の際には最初に炒めておくとホクホク感を残せます。芽や緑色をした皮の部分にはソラニンという有毒成分が含まれているので必ず取り除きます。
保存の仕方
日の当たらない場所で常温保存します。明るいと発芽してくるので注意しましょう。すぐに食べないなら味は落ちますが発芽を防ぐために冷蔵するのも手です。冷凍するなら蒸すか茹でて一度熱を加えてから保存します。生のまま冷凍すると解凍した時に水分が抜けてフニャフニャ状態になってしまいます。

じゃがいものおいしい選び方

表面にシワや傷のないものを選びます。見た目がふっくらとしてずっしりと重みのあるものが中身が詰まっていて良いものです。芽が出ているものや皮が緑色になっているものは有害物質のソラニンが出ているので避けます。


スポンサーリンク

食べ物について知ろう

野菜イラスト

よく当たると評判の色占い

よく当たる占いファルベコローレ

めずらしくて美味しい安心な野菜を食べてみませんか?地域限定生産の野菜や伝統野菜、古来野菜といったスーパーには並ばない珍しい野菜が全国各地にあります。その野菜たちは見た目と味の2つの方向から楽しませてくれます。これまで味わったことのない野菜は身体に栄養が入るだけでなく心も新鮮に元気を与えてくれます。

珍しい野菜をお取り寄せ


野菜で美容・健康生活

野菜果物字引き

野菜・果物を赤・黄・緑・紫・白の5色に分けて紹介。不足している食べ物を色からチェックできます。

赤野菜 黄野菜 緑野菜 紫野菜 白野菜

新鮮野菜

野菜と果物の効能・五十音順