ベジイロ色とりどりの野菜

マンゴーの効能 | 黄色果物 | 色の野菜果物字引き

マンゴーの栄養成分の特徴から保存方法、旬の時期まで、美味しい「マンゴー」のことを知ろう。心身に効く、おいしい選び方もお教えします。いい食材は身体に栄養成分を補給してくれるだけでなく心にも元気を与えてくれます。

››› マンゴーの効能 | 黄色果物 | 色の野菜果物字引き

マンゴー

女性に嬉しい美肌づくりによい果物で世界三大美果のひとつとされています。

緑黄色野菜に多く含む肌を健康をサポートするβカロテン、シミやそばかすを防ぐビタミンC、むくみ解消のカリウムなど美容にうれしい静養成分がいっぱいです。

消化酵素も強いので肉などの脂っこいものを食べたあとのデザートにぴったりで体の内の油っぽさを消してくれます。

スポンサーリンク

果物データ(マンゴー)

旬の時期
六月から八月
色属性
栄養成分
βカロテン(ビタミンA)、ビタミンB1、
ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、
葉酸、マンガン、カリウム、カルシウム、
食物繊維 など
効能
美肌効果、便秘予防、成人病予防、貧血予防
食べ方・調理
生のまま切り分けて食べるだけで美味しく頂けます。食べる直前に冷蔵して冷やしてください。ジュースやジャム、シャーベットなどにしても美味です。
保存の仕方
未熟なものは常温で保存し熟して食べ頃になるものを待ちます。追熟を抑えたいときはビニール袋に入れて密封して冷蔵保存します。冷えすぎると低温障害をおこし傷むので7〜8℃くらいを保てるよう新聞紙などで包んでください。冷凍保存も出来きるので食べやすいサイズや使いやすい大きさに切って冷凍します。食べるときは解凍しきってしまうと柔らかく崩れやすくなるので半解凍となったくらいが食べ頃です。

マンゴーのおいしい選び方

すぐに食べるなら甘い香りがし少し柔らかくなっていて果皮にツヤがものを選びます。日保ちさせたいのならまだ少し固く身がしまっている皮の表面がしっとりとなめらかなものを選んでください。また、ドライマンゴーだと生ものよりβカロテンや食物繊維が豊富になり保存もできるので用途によっては便利です。


スポンサーリンク

食べ物について知ろう

野菜イラスト

よく当たると評判の色占い

よく当たる占いファルベコローレ

めずらしくて美味しい安心な野菜を食べてみませんか?地域限定生産の野菜や伝統野菜、古来野菜といったスーパーには並ばない珍しい野菜が全国各地にあります。その野菜たちは見た目と味の2つの方向から楽しませてくれます。これまで味わったことのない野菜は身体に栄養が入るだけでなく心も新鮮に元気を与えてくれます。

珍しい野菜をお取り寄せ


野菜で美容・健康生活

野菜果物字引き

野菜・果物を赤・黄・緑・紫・白の5色に分けて紹介。不足している食べ物を色からチェックできます。

赤野菜 黄野菜 緑野菜 紫野菜 白野菜

新鮮野菜

野菜と果物の効能・五十音順