ベジイロ色とりどりの野菜

色で選ぶ体にいま必要な野菜・美容にいい野菜 - ベジイロ

野菜を色で選んで健康な身体作りをしよう!食材の色は栄養と関係し様々な色の食材を食べることは多彩な栄養成分を食べることにつながります。食材の色が持つ効果を知っていれば体に栄養が入っていくのがより実感できるようになります。

››› 色で選ぶ体にいま必要な野菜・美容にいい野菜 - ベジイロ

体に効く色の活力!野菜や果物を食べよう

食のイメージ食材の色は栄養と関係し様々な色の食材を食べることは多彩な栄養成分を食べることにつながります。たとえば、トマトの赤色の色素のリコピンには抗酸化作用があり美肌効果や生活習慣病予防になります。かぼちゃの黄色の色素のβカロテンは美肌効果や体の免疫力を強化してくれます。ほうれん草の緑色の色素のクロロフィルには腸を綺麗にするデトックス効果があります。ブルーベリーの紫色の色素のアントシアニンには目の働きを高めたり眼精疲労を防ぐ効果があります。バナナや大根といった白色の食材に含まれるカリウムは高血圧を予防したり体の新陳代謝を高めまてくれます。いろんな色を満遍なく食べればバランス良く栄養成分を摂取できます。外食で色が偏っているときには、そこにない色をサイドオーダーしたり、次の食事で食べていない色を食べることで足りない栄養成分を補えます。もちろん野菜や果物の色が持つ効果を知っていれば体に栄養が入っていくのがより実感できるようになります。

スポンサーリンク

人は色を食べたくなる

新鮮野菜を調理するイメージ

体の中に不足している栄養成分があると脳に伝わり、足りない栄養成分が多く含まれる色の食品を食べたくなります。血や肉を作る栄養成分が不足しているときには、たんぱく質や油質が補充できる肉や魚といった赤系の食べ物が欲しくなります。身体を動かすエネルギーが不足しているときには、運動する力となる炭水化物を多く含むご飯やパンやパスタといった白系の食べ物が欲しくなります。身体の調子を整える栄養成分が不足しているときには、ビタミンやミネラルを豊富に含む緑系の野菜や果物が欲しくなります。食べたくなったものを食べるというのは不足している栄養を摂るということで大切ですが、足りないという状態になる前に普段から色をバランス良く食べておくことも必要です。

ベジタブルの色パワー

食のイメージ

赤・黄・緑の色相にある食べ物は美味しそうに見えます。
野菜の色でも多いのはこの3系統の色です。
見た目では赤と黄はエネルギーを、緑はフレッシュさを感じ食欲を促進してくれます。



スポンサーリンク

食べ物について知ろう

野菜イラスト

当たると評判の無料占い

占いファルベコローレ

めずらしくて美味しい安心な野菜を食べてみませんか?地域限定生産の野菜や伝統野菜、古来野菜といったスーパーには並ばない珍しい野菜が全国各地にあります。その野菜たちは見た目と味の2つの方向から楽しませてくれます。これまで味わったことのない野菜は身体に栄養が入るだけでなく心も新鮮に元気を与えてくれます。

珍しい野菜をお取り寄せ


野菜で美容・健康生活

野菜果物字引き

野菜・果物を赤・黄・緑・紫・白の5色に分けて紹介。不足している食べ物を色からチェックできます。

赤野菜 黄野菜 緑野菜 紫野菜 白野菜

新鮮野菜

野菜と果物の効能・五十音順