いろいろなことが分かるサイト

ライフハックから何てことはない日常の思いつきまで幅広くいろいろなことをコンテンツにしているサイトです。新鮮だけどすぐに忘れして舞いそうなネタなから一度知ったらずっと役立つものまで適当に見繕っています。

››› いろいろなことが分かるサイト

情報を手に入れよう!

豆知識

卵の新鮮さを見分けるのには水に入れて沈むかどうか。沈む程新鮮です。

スポンサーリンク

色は生活の中の様々なものを構成する要素

色が密接に関係しているものとしてまず思い浮かべるのはファッションやデザインです。それ以外にも食べ物の美味しさだったり体の健康状態だったりと目に入ってくるものは色でいろいろと判断できるようになっています。生活の中での様々な場面に色は溶けみ、人の感覚に働きかけてきます。

ちょこっと色の知識

色の三要素

色には色相・彩度・明度の三つの要素があります。 色相は赤や青や黄といった色味の違い、彩度は色の鮮やかさの度合い、明度は色の明るさの度合いを表します。彩度と明度は一体化させてトーン(色調)としても使われます。

HSBというカラーモードは色相(Hue)、彩度(Saturation)、明度(Brightness/Value)の頭文字を取っていることから分かるように三つの成分の色空間の位置を表した色の認識方法です。HSVとも呼ばれます。

有彩色と無彩色

無彩色は白・黒・灰などの色みのないモノクロの色のことです。色相と彩度がなく、明度だけがある色です。有彩色は赤や青など色の三要素をすべて持つ色のことをいいます。白・黒・灰は無彩色、それ以外は有彩色と覚えておくと分かりやすいです。

光と闇と色

光がないと色は見えません。唯一の色として暗闇の黒が認識できますが、暗闇の中では何も見えず物体の形が全く分からなくなります。 人工的な照明や月や星、虫などの生物の発光などがあるので夜でも真っ暗闇の空間に遭遇することはまずないですが、京都の清水寺で体験できる「胎内めぐり」では光の全くない真っ暗闇を体験できます。


スポンサーリンク

当たると評判の無料占い

占いファルベコローレ

プライバシーポリシー

ファルベコローレでは、アクセス解析にてアクセスログを保存しています。このログデータはユーザーに関する情報を取得していますが個人を特定する物ではありません。得たデータはサイト運営の目的のみに利用しております。 また、第三者配信事業者や広告ネットワーク配信を利用していますので広告がサイトに掲載されます。この広告はファルベコローレや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告となっています。ユーザーはクッキーの取得を無効にすることによりプライバシー情報の収集を拒否することができます。