ホーム ›››  カラーイメージと属性   数値情報   色彩分析

%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cをイメージした色

%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C

color image from farbecolore.com


%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cカラー属性は
青色です
第二属性は無彩色などです。
%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cの言葉の中には青色のカラーイメージが多く含まれています。青系統をベースカラーにした色調の組み合わせから主な%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cのイメージが作られます。


星座のカラーイメージ
牡羊座 - 牡牛座 - 双子座 - 蟹座 - 獅子座 - 乙女座 - 天秤座 - 蠍座 - 射手座 - 山羊座 - 水瓶座 - 魚座

スポンサーリンク


言葉のカラーイメージをファルベコローレの電話占い師リスが無料コンサルタントします

「%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C」の
言葉のイメージを色で表現すると
次のような構成になります

  • ベースカラーは青色
  • 青色・無彩色・緑色・黄色・赤色の5系統の色で構成
  • わりかし寒色が多いカラーイメージ
%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cカラーの
色彩分析
色診断をツイートしよう!
お絵かきのお題出しやイラスト募集に
お使いください↓
イラストのお題としてツイート
このサイトのファンになってください



%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cのカラーイメージの分析・色彩デザイン講座

ファルベコローレの電話占い師リスが色を運びます

「%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C」という言葉から浮かぶカラーイメージを解説。どんな色の組み合わせで%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cのイメージが作られているのか色の数値、色の構成、色の濃淡や明暗などから見ていけます。色の相性、配色のパターンも紹介しています。

数値情報

COLOR DATA:%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cの色情報
HEX:
#F0F0E0
RGB:
240240224
HSV:
60794
HEX:
#E0E0C0
RGB:
224224192
HSV:
601488
HEX:
#008080
RGB:
0128128
HSV:
18010050
HEX:
#002020
RGB:
03232
HSV:
18010013
HEX:
#206040
RGB:
329664
HSV:
1506738
HEX:
#00C0C0
RGB:
0192192
HSV:
18010075
HEX:
#E0F0E0
RGB:
224240224
HSV:
120794
HEX:
#00C0E0
RGB:
0192224
HSV:
18910088
HEX:
#E0C0C0
RGB:
224192192
HSV:
01488
HEX:
#E0E0E0
RGB:
224224224
HSV:
0088
HEX:
#E0F0F0
RGB:
224240240
HSV:
180794
HEX:
#004040
RGB:
06464
HSV:
18010025
HEX:
#C0C0C0
RGB:
192192192
HSV:
0075
HEX:
#204040
RGB:
326464
HSV:
1805025
HEX:
#00A0A0
RGB:
0160160
HSV:
18010063

言葉からイメージされる色は、キーカラーやテーマカラーの選択にも便利です。キャラクターやイラストの配色、WebデザインやDTP、インテリアや服のコーディネートなど様々なシーンで使えます。

%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cの色

%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cという言葉からイメージされ示された色は、%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cの特徴を表すヒントになってくれます。色で迷ったときやいつもと違う色の組み合わせが欲しいときなど、色の選択にひと活躍してくれることでしょう。


色の構成・%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cの色を分析

イラスト制作やデザイン制作などで配色するときに大切なのはキーカラーがあることです。色が組み合わさることによりイメージは作られますが、その中でも使われている面積の広い色や高彩度の目立つ色が影響力を持ちます。軸となるキーカラーが定まると伝えたいメッセージがしっかりとした形になります。

色の構成


%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cのカラーイメージの中で無彩色は2色、有彩色は13色となっています。無彩色のカラーコードは#e0e0e0と#c0c0c0です。有彩色のカラーコードは#f0f0e0と#e0e0c0と#008080と#002020と#206040と#00c0c0と#e0f0e0と#00c0e0と#e0c0c0と#e0f0f0と#004040と#204040と#00a0a0です。

色の種類としては、青色・無彩色・緑色・黄色・赤色の5系統の色で%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cのカラーイメージが構成されています。その中でも青色系統の色が多く配合されています。有彩色の中では寒色が多いカラーイメージです。 色の属性を軸にして見ていくと%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cカラーの目立つ色と支えている色といった配色の特徴が分かります。 %E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cのカラーイメージを色の三属性である色相・彩度・明度に沿ってそれぞれ順番に並べると次のようになります。


色相の順に並べた色(%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cのカラーイメージ)


赤と黄を混ぜると橙になるように色が滑らかに変化していく順につなぎ合わせたものが色相です。赤から黄、黄から緑、緑から青、青から紫、紫から赤へと色合いは自然に変化していきます。色相は有彩色だけで構成されます。色相は色相環として円状に繋がっています。したがって両端の色同士は隣り合っている色です。


彩度の順に並べた色(%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cのカラーイメージ)
彩度が高い(濃い)← →彩度が低い(薄い)


彩度が高いほど濃く鮮やかな色になり、低いほど薄く濁った色になります。また、明度が低いと彩度が高くても暗い色になります。彩度がゼロのときは色相がない無彩色になります。無彩色は白色〜灰色〜黒色の色で明度の変化のみによって表現されます。彩度の高い色は目立つのでアクセントカラーとして使用しやすい色です。


明度の順に並べた色(%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cのカラーイメージ)
明度が高い(明るい)← →明度が低い(暗い)


高い明度になるほど色は白に近づきます。低い明度になるほど色は黒に近づきます。高明度の色はかなり明るくても色味が分かりますが、低明度の色になると早い段階で黒にしか見えなくなります。比べると黒の中でも明暗があるのが分かりますが黒と認識する色の範囲は広いです。明度の明暗に加えて彩度が高いとハッキリした色に、彩度が低いとぼんやりした色になります。


彩度と明度を合わせたトーンを使うと色の濃淡・明暗を考慮したカラーチャートができます。


トーンの順に並べた色(%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cのカラーイメージ)


隣り合っている色は類似属性の高い相性の良い色の組み合わせになります。その配色は調和した色になるので統一したイメージが作れます。



トーンを揃えた色・%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cのベースカラー

%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cカラーは青色のイメージが多くなっています。トーンを同じ値にして色相だけで色を見てみると青色の要素が多いことが分かります。

カラー属性の配分

色相をキープしたままトーンを同じに揃えるとそれぞれベースになっている色がでてきます。トーンを揃えることで%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C色の属性が分かります。

明るいトーンで統一した色(澄んだ%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cのカラーイメージ)


暗いトーンで統一した色(落ち着いた%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cのカラーイメージ)


彩度と明度を同数値にしてトーンを揃えると%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cをイメージする色でメインになっている色、アクセントになっている色といった配色のバランスが見えてきます。



カラーランキング

%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cのカラーイメージをタイプ別に分けた%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cカラーランキングです。%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cをイメージする色の中で個性の強い色になります。

明るい色ベスト3

明るい色:1位(#F0F0E0)

明るい色:2位(#E0F0F0)

明るい色:3位(#E0F0E0)

暗い色ベスト3

暗い色:1位(#002020)

暗い色:2位(#004040)

暗い色:3位(#204040)

薄い色ベスト3

薄い色:1位(#E0F0E0)

薄い色:2位(#E0F0F0)

薄い色:3位(#F0F0E0)

濃い色ベスト3

濃い色:1位(#00C0E0)

濃い色:2位(#00C0C0)

濃い色:3位(#00A0A0)




%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cのカラーイメージを使った2色配色






伝わる配色になるには
基調になる色があることによってイメージが伝わります。色の組み合わせ方でイメージは変わりますが色の配分はメインカラーが7割、サブカラーが2割、その他の色が1割を意識して配色にするとカラーバランスのとれた色彩設計ができます。使う色数が多いと複雑なイメージを作れますが度が過ぎると煩雑になります。意識して色のダイエットをし配色を組み立てることも必要です。

%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8Cカラーをランダム配色


















同じ意味でも言葉が違えば伝わるイメージが変わります。複数の言葉が合わされば具体的になり伝わる形はしっかりしてきます。それにあわせてカラーイメージも変化します。
言葉と色のイメージは繋がりやすいものもあればその逆の場合もあります。ぴったりはまると思う色は判断する瞬間によって変化するものです。カラーイメージには完全な正解はありませんが何もない所から色を考えるよりもサンプルから配色のヒントを得ることで決めやすくなります。
おおよそすべての言葉のカラーイメージを見ることができるので色占い感覚でいろんな名前や単語を検索してみてください。


電話占い師リスがカラー解説
他の言葉を診断する
上へ

[PR]色で選ぶ体に必要な野菜・美容にいい野菜


カラーセラピー&無料占い

色を発見しよう - よく当たる占い鑑定ファルベコローレは言葉と色のイメージを繫げます