色の数

数値で表現できる色の数

RGB

パソコンやスマートフォンやTVなどモニターの色はRGBの色で表現されます。RGBはRed(レッド)・Green(グリーン)・Blue(ブルー)のそれぞれで256階調あり、この3色(256×256×256)の組み合わせで16,777,216色(約1600万)が表現できます。混色すると白に近づく色の特性からRGBは明るい色が多くなっています。

CMYK

印刷や絵の具といった塗料・色材の色はCMYKの色で表現されます。CMYKはCyan(シアン)・Magenta(マゼンタ)・Yellow(イエロー)・Black(ブラック)のそれぞれで101階調あり、この4色の組み合わせで104,060,401色(約1億)の色が表現されます。混色すると黒に近づく色の特性からCMYKは暗い色が多くなっています。

---

数値上では膨大な色の数がありますが現実に見て違いが判断できる色となるとグンと数は減ります。


人の認識できる色の数

名前が付けられる色の数が認識できる色に近い数になります。コンピューターで扱う数値上の色は膨大な数がありますがそれら全てを違う色と認識して区別できるわけではありません。RBGの色では16階調刻みの色数の4096色程度、CMYKの色では10階調刻みの色数の14641色で且つCMYK4色を足した合計値が350%以上になるとほとんどが黒になる為その数を除いた数8000色程度が認識できる色になります。また、人の目では認識できてもコンピュータで表現できない色領域もあります。


スポンサードリンク





    カテゴリ一覧





    上へ


    パーソナルカラー診断・色検索ファルベコローレ カラーコーディネーターのリスがカラーデザイン
    好きな言葉やキャラ名の色を調べてみよう

    使う色に困ったときの配色探しに便利!言葉のイメージを色に変換して見せてくれます。
    言葉の違いによって様々な配色イメージが出てくるので色々と試してみてください。