ベジイロ色とりどりの野菜

緑黄色野菜と淡色野菜

緑黄色野菜と淡色野菜の違いはβカロテンの含有量で区別されています。厚生労働省の基準では、原則として食べられる部分100g当たりβカロテンが600μg以上のものが緑黄色野菜、600μg未満のものが淡色野菜になっています。

››› 緑黄色野菜と淡色野菜

緑黄色野菜と淡色野菜

緑黄色野菜と淡色野菜はβカロテンの含有量で区別されています。βカロテンは、老化や生活習慣病の原因になる活性酸素の影響から身体を守る栄養成分です。厚生労働省の基準では、原則として食べられる部分100g当たりβカロテンが600μg以上のものが緑黄色野菜になっています。ナスやキュウリのように色の濃い野菜に見えてもβカロテンが少ないものは淡色野菜です。同じように色の濃い野菜に見えるトマトやピーマンはβカロテンの量は600μg以下ですが多く食べられるということから緑黄色野菜になっています。

スポンサーリンク

野菜はまんべんなく食べた方が良い

淡色野菜はβカロテンこそ少ないですが、ビタミンCや食物繊維などを中心にそれぞれ健康に役立つ栄養成分を多く含んでいます。淡色野菜はたくさん食べられるものも多いので栄養の補給源として大切な食べ物です。緑黄色野菜と淡色野菜で含まれている栄養成分は異なるので一方をとれば良いというわけにはいけません。バランスよく摂って身体の健康を整えましょう。


緑黄色野菜
ほうれん草、青ネギ、バジル、小松菜、春菊、にんじん、ブロッコリー、かぼちゃ、にら、赤ピーマン、トマト、ピーマン、アスパラガス、ゴーヤ、水菜、春菊、大根の葉
淡色野菜
キャベツ、白菜、レタス、もやし、ごぼう、れんこん、大根、かぶ、玉ねぎ、にんにく、きゅうり、なす、カリフラワー、トウモロコシ、セロリ、ズッキーニ、カブ

スポンサーリンク

食べ物について知ろう

野菜イラスト

よく当たると評判の色占い

よく当たる占いファルベコローレ

めずらしくて美味しい安心な野菜を食べてみませんか?地域限定生産の野菜や伝統野菜、古来野菜といったスーパーには並ばない珍しい野菜が全国各地にあります。その野菜たちは見た目と味の2つの方向から楽しませてくれます。これまで味わったことのない野菜は身体に栄養が入るだけでなく心も新鮮に元気を与えてくれます。

珍しい野菜をお取り寄せ


野菜で美容・健康生活

野菜果物字引き

野菜・果物を赤・黄・緑・紫・白の5色に分けて紹介。不足している食べ物を色からチェックできます。

赤野菜 黄野菜 緑野菜 紫野菜 白野菜

新鮮野菜

野菜と果物の効能・五十音順