ベジイロ色とりどりの野菜

野菜の水溶性と脂溶性の栄養成分

「にんじんは油と一緒に調理した方がいい」「キャベツは栄養が溶けるからなるべく生の方がいい」などと言われますが、それには理由があります。栄養成分には油と一緒になると吸収されやすくなる脂溶性のものと、水に溶けやすく体に吸収しやすい水溶性の成分があります。

››› 野菜の水溶性と脂溶性の栄養成分

野菜の水溶性と脂溶性

にんじんに含まれるビタミンA(βカロテン)は脂溶性で、この栄養成分はそのままではあまり体に吸収されません。油と融合することで吸収性が上昇するので、油で炒めて調理して摂取するのがいい食べ方です。脂溶性の栄養成分は身体の中に長くとどまるという性質をもっています。

キャベツには水溶性の栄養成分であるビタミンCが含まれています。茹でると水に溶け出していくので生で食べる方が効率良く栄養摂取できます。ただ、水溶性の栄養成分はすぐに汗や尿となって出て行ってしまうのであまり体内に蓄積し続けることはできません。一度に大量に食べてもダメなので不足していると感じているときには意識してこまめに摂る必要があります。

スポンサーリンク

栄養成分の性質から、こんなふうに食べた方が良いと言われていますが、いうまでもなく野菜には複数の栄養成分が含まれています。生のにんじん・油で炒めたキャベツにもそうやって調理したことで生まれる栄養成分も含まれているので、食べ方を限定してしまうことはよくありません。

水溶性と脂溶性は、栄養効果を考えたときの一つの目安として覚えておくと便利です。

水溶性と脂溶性の栄養成分


水溶性
ビタミンC・ビタミンB群
脂溶性
ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK

スポンサーリンク

食べ物について知ろう

野菜イラスト

よく当たると評判の色占い

よく当たる占いファルベコローレ

めずらしくて美味しい安心な野菜を食べてみませんか?地域限定生産の野菜や伝統野菜、古来野菜といったスーパーには並ばない珍しい野菜が全国各地にあります。その野菜たちは見た目と味の2つの方向から楽しませてくれます。これまで味わったことのない野菜は身体に栄養が入るだけでなく心も新鮮に元気を与えてくれます。

珍しい野菜をお取り寄せ


野菜で美容・健康生活

野菜果物字引き

野菜・果物を赤・黄・緑・紫・白の5色に分けて紹介。不足している食べ物を色からチェックできます。

赤野菜 黄野菜 緑野菜 紫野菜 白野菜

新鮮野菜

野菜と果物の効能・五十音順