ベジイロ色とりどりの野菜

野菜と果物の力

食べ物はただ空腹を埋めて満足感を得るだけのものではありません。食べ物を体に入れることにより身体の一つ一つを組み立てる栄養となります。食べることは、量ではなく何を食べるのかが重要です。

››› 野菜と果物の力

身体は食べ物でできている

野菜と果物の力

新鮮野菜

色とりどりの野菜

身体の中の筋肉や臓器は細胞の集まりで、その細胞の素となる栄養を運んでいるのが血液です。体の隅々まで流れる血液は水分と食べ物から得た栄養からなります。何を食べてどんな栄養を体内に送るかによって免疫力や自己治癒力に大きく作用します。

とくに注目したい食べ物が野菜と果物です。鮮度の高い野菜や果物が持つ栄養成分はエネルギーが多く、食べたらすぐに元気をもらえます。また、野菜や果物は組み合わせて摂ることによって相乗効果が生まれるので食べ合わせを工夫することによってよりよい栄養を摂ることが出来ます。

スポンサーリンク

野菜の種類は野菜名だけでも100種類以上あり、何をどう選んで食べたら良いのかは迷ってしまいます。これだけの数の野菜があるとこの野菜にはビタミンがあってこの野菜にはカリウムがあるなどと、ひとつひとつ栄養成分を覚えていくのは大変です。ですが、ほんの少しのことを覚えるだけで野菜や果物の栄養成分はだいたい分かるようになります

色その見分け方のコツは野菜や果物の「色」です。おばあちゃんから、「バテないように緑野菜を食べれいや〜」とか「黄色いかぼちゃは肌にいい」とかと聞かされることがありましたが、実際に緑野菜にはスタミナアップの効果があり黄野菜には乾燥肌を防ぐ栄養成分が含まれています。成分を知っていて言っていたとは思えないのですが、色で身体のここに良い野菜って分かると摂るべき野菜が覚えやすくていいですよね。野菜・果物は大きく「赤」「黄」「緑」「紫」「白」に分けられます。これから野菜や果物の色が身体のどこに有効なのかを紹介していきます。

最後に、この分類された色の野菜・果物を組み合わせて摂ることで栄養が吸収しやすくなることも覚えておきましょう。

食欲のそそられる色

いろんな色の食べ物・料理が並んだときまず「おいしそう」と食指が動くのは赤からオレンジ色の範囲のものです。エネルギーを感じる暖色系の色だったり鮮やかな色に多くの人がおいしい色というイメージを持っており赤からオレンジ色の食べ物を求めます。実際、果物やトマトなどは色鮮やかに熟した状態が一番栄養価の高くおいしかったりします。


スポンサーリンク

食べ物について知ろう

野菜イラスト

よく当たると評判の色占い

よく当たる占いファルベコローレ

めずらしくて美味しい安心な野菜を食べてみませんか?地域限定生産の野菜や伝統野菜、古来野菜といったスーパーには並ばない珍しい野菜が全国各地にあります。その野菜たちは見た目と味の2つの方向から楽しませてくれます。これまで味わったことのない野菜は身体に栄養が入るだけでなく心も新鮮に元気を与えてくれます。

珍しい野菜をお取り寄せ


野菜で美容・健康生活

野菜果物字引き

野菜・果物を赤・黄・緑・紫・白の5色に分けて紹介。不足している食べ物を色からチェックできます。

赤野菜 黄野菜 緑野菜 紫野菜 白野菜

新鮮野菜

野菜と果物の効能・五十音順